下肢静脈瘤でお悩みの方へ「患者さまにとって何がいいか」にこだわります。

日帰り手術の実績

日帰り手術実績 15,425

(平成19年10月〜平成28年7月) 

当院では切開しないレーザーによる下肢静脈瘤の日帰り手術を行っています。

【下肢静脈瘤血管内焼灼術実施施設、指導医、実施医】

【日本脈管学会認定研修関連施設、脈管専門医】

 

患者様に朗報です。平成23年より当院で実施している下肢静脈瘤レーザー手術は保険診療が認められ、患者様の費用の負担が軽くなりました。

 

当院は九州で最も早くレーザー手術を導入しました。これまでに5200例の下肢静脈瘤日帰り手術を行い、九州では最も多い症例数の実績があります。

 

当院で使用している保険適用された最新のELVeSレーザー(波長1470nm)は、従来のレーザーよりも痛みが少なく、安全な治療です。1470nmのレーザーは静脈瘤に対する有効性が高く、水に対する吸収係数は810-1064nmと比較して約40倍となります。

おだクリニックの特徴

ご挨拶

当院は九州で最も早くレーザー手術を導入しました。

 

静脈には血液が逆流しないよう「逆流防止弁」がありますが、この弁がゆるんで静脈血が下肢に停滞し、ふくらはぎの血管が数珠状に浮き出てしまう病気が下肢静脈瘤です。静脈血は老廃物をたくさん含んだ酸素の少ない血液ですので、これが足にとどまることにより、足のだるさやかゆみ、湿疹が出やすくなり、放置すると色素沈着や難治性の潰瘍にいたることもあります。長時間の立ち仕事や妊娠などを機に発症することが多く、逆流の量は少しずつ増加し、進行していく病気です。足のだるさやひどいむくみ、血管が気になってスカートがはけないなど、お悩みの方はお早目の治療をお勧めします。以前は皮膚を切開して逆流している血管を引く抜くストリッピング手術が主流でしたが、現在は切開しないレーザー手術が可能となりました。レーザー技術もこの10年間で進化し、当院で用いている保険適用された最新のELVeSレーザー(波長1470nm)は、従来のレーザーよりも痛みが少なく、安全な治療です。1470nmのレーザーは静脈瘤に対する有効性が高く、水に対する吸収係数は810-1064nmと比較して約40倍となります。 片足の手術時間は15分程度で、気持ちよく眠っている間に手術は終了します。

 

当院は2007年の開院当時から九州で最も早くレーザー手術を導入しました。当時は自費診療でしたので患者様には片足30万円近い費用の負担がありましたが、2011年より血管内レーザー手術が保険適応となり、患者様の費用の負担が軽くなりました。保険適応によるレーザー治療は下肢静脈瘤血管内焼灼術実施機関に認定された医療機関に限られます。これまでに5200例の下肢静脈瘤日帰り手術を行い、九州では最も多い症例数の実績があります。

 

当院は九州、福岡で最初の日帰り手術の専門外科クリニックで日帰り手術15000例以上の実績があります。 当院ではお忙しい方のために、土曜日、日曜日の手術も行っています。

 

医学博士 小田 斉 (おだ ひとし)理事長・院長

 

当院は認定クリニックです

当院は、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施施設、実施医、指導医として認定されています。

 
 

下肢静脈瘤について

静脈には血液が心臓にもどるときに逆流しないよう「逆流防止弁」がありますが、この弁が壊れたりうまく閉じなくなると血液の逆流が起こってしまいます。これにより静脈血がいつまでも下肢に停滞し、足首からふくらはぎの血管が数珠状に浮き出てしまう病気です。

当院のご紹介

医院名

医療法人斉智会
おだクリニック日帰り手術外科

医学博士 小田 斉(おだ ひとし)理事長・院長


住所

〒810-0011
福岡県福岡市中央区高砂1-8-8
サンクス渡辺通3F、4F


電話番号

092-534-7507

最寄駅

地下鉄渡辺通駅より徒歩4分
西鉄大牟田線薬院駅より徒歩7分
博多駅よりタクシー7分
天神よりタクシー5分


駐車場

当院クリニックビル1階に2台のコインパーキングあり(当院受診の方には1時間分のコインを差し上げます)

診療時間表

 第1,3,5日曜第2,4日曜,祝日
8:30~17:30
午前:手術のみ / 午後:新患外来14:00~
※外来診察は原則として予約制です。
よくある質問と答え 手術までと手術からの流れをご紹介 診療カレンダー オフィシャルサイト

新着情報

一覧へ >
2016/01/01
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設に認定されました。
2015/10/28
日本脈管学会認定研修関連施設として認定されました。
2015/01/22
ホームページをリニューアルしました。